20代女性の美容

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。
今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。


1.上まぶた
上まぶたに脂肪が多いとたるみやすく、たるむと目が小さくなり、垂れ目になりやすい。
2.頬上
若いころは頬の頂点の位置が高いが、加齢とともに位置が下がり、法令線もできやすくなる。
3.目の下
目の下に脂肪が多く、若いころからここに段差がある人は、たるみやすく、シワにもなりやすい。
4.頬下
頬の下部がたるむとフェースラインがくずれ、ブルドッグのような印象に。顔が四角くなる。 
5.あご
下ぶくれ顔や、あごが小さい人は、顔の脂肪を支え切れずたるみやすい傾向が。たるむと顔が“四角化”するのが特徴。
たるみ顔もコケ顔も口元が出ているアヒル口の人は、顔に段差ができ、シワになりやすいので、たるみも目立ちやすいと考えられます。目の下の凹凸が激しい人は凹んだところにシワができ、たるみが目立ちやすい。
真皮や表情筋が衰えると、肌全体を支え切れずたるむ顔の“老け感”を一気に加速させる顔のたるみ。そもそもたるみはどのようにして起こる?
「若いころの肌は、肌の奥の“真皮”にあるコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力にかかわる線維がしっかりと働いているため、ハリがあります。また、顔の表情筋もしっかりしているので、これらによって皮膚の奥の皮下組織(脂肪組織)を含む肌全体がきちんと支えられています。でも加齢とともに弾力を保つ線維は衰え、真皮のハリが失われます。さらに表情筋も衰えるので、肌全体を支え切れず、重力に負けてたるんでしまうのです。」
たるみやすいかどうかはこの脂肪組織が決め手になるそう。
皮下組織は主に脂肪細胞で構成されていて、皮下組織が厚いほど、皮膚の弾力が低下したとき支え切れなくなるため、たるみやすいというデータがあり、顔に脂肪がついているほどたるみやすいということ!これらから考えると、たるみ予防に必要なのは、スキンケアで真皮のケアをすることと、表情筋を鍛えること。表情筋は、頬を大きくふくらませたり、頬を強く吸い込んだり、口角を強く横に引くなどのエクササイズで簡単に鍛えられるので、毎日継続して行うのがおすすめ。
さらに、真皮や表情筋が衰え始めるアラフォー以降には、太って顔に脂肪をつけすぎないように気をつけることも大事!
たるみケアには、衰えた表情筋を鍛えることも不可欠。そんな表情筋の老化防止に効果絶大と話題なのが顔層筋メソッド!
★増顔層筋マッサージのポイント
通常のマッサージは筋線維に沿って平行に行う。顔層筋メソッドは、筋線維に対し垂直に負荷をかけ、こりをほぐして太く丈夫な筋肉に。
①首と肩が交わる辺りの、首の骨の両側に指を当てて、指を中に押し込むように圧をかける。首の骨に沿って、つけ根まで圧をかけていく。
②両手の手のひらの腹を使って、円を描くように圧をかける。肌表面ではなく、骨をこするように深部の筋肉を動かすつもりで回して。3~4回。
③おでこの筋肉は上下に走っているので、左右にほぐすのがポイント。横ジワをピンと伸ばすイメージで。おでこ全体をまんべんなく行う。
④頬骨の下に、人さし指、中指、薬指の3本の指を置き、口角の位置まで3か所に分けて、強く押し込みながら左右に10回動かす。
⑤あごの下のくぼみにある筋肉を左右に分けてほぐす。まず右半分に親指を押し込み、力を緩めず左右に10回動かす。左半分も同様に。
★筋肉に垂直に負荷をかけて太く質のよい筋肉に!
一般的なマッサージは、表情筋の流れに沿って行うものがほとんど。でも、筋肉は垂直に力を加えないと負荷がかからないので、このような方法では筋肉は鍛えられません。顔層筋メソッドは、筋肉の流れに対して垂直に負荷をかけるので衰えた筋肉が太く丈夫になり、皮膚も脂肪もリフトアップ。血液やリンパの流れも改善し、コラーゲンなどを作る線維芽細胞に栄養が行き渡ります。細胞を再生させる成長因子も増産され、老化を劇的に遅らせられるのです。

 - 美肌を保つ

  関連記事

夏のスキンケア

「夏のスキンケア=美白」という常識。ところが、この常識が夏にシワやたるみが悪化する大きな原因となっています。夏の肌老化の危険度としては、シワ・たるみ・シミともに同程度というのがあまり知られていない夏の真実。にもかかわらず各ブランドは口を揃え …

睡眠で美人になれる!

スキンケアの方法はたくさんあります。化粧水や乳液もどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。その人の肌によって合うもの合わないものがあります。 しかし一番影響力があるのは”睡眠”なのです。

メイクをした日はダブル洗顔が鉄則

洗顔はお肌を生まれたままの姿に戻す大切な作業なのです。美肌の基礎はスキンケア・アンチエイジングの基本となる洗顔を極めることなのです。

しっとりもちもち肌になるための美顔器

いつの時代の女性も「若々しく、キレイでいたい」願望があるはずです。 キレイなお姉さん、キレイなママ、キレイな奥さん、キレイなシルバー世代。女性はたとえ年を重ねてもきちんとケアして自分を慈しんであげれば、その成果は後々必ずお肌は答えてくれます …

ハリや弾力のある肌をキープするためには

年齢を重ねると共に気になってくるのが「たるみ」。 肌のハリや弾力がなくなり、重力によって下がっていく皮膚。老け顔に見えてしまう最も大きな要因でもありますが、実は「たるみ」はしみやしわと違い、自分ではなかなか気づきにくい老化の現象なのです。

コラーゲンでプルプル肌

コラーゲンは人間・動物に存在するタンパク質で、皮膚・筋肉・骨など体の構成要素の一部です。コラーゲン繊維は、織物の繊維のように織り込まれていて、その中で新しい細胞が成長する仕組みになっています。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

冬の乾燥肌対策

肌は遺伝による先天的な原因のものを除いては、生活環境などが影響し乾燥しやすい状態となります。入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを改善することでずいぶん解消されるものも多いですし …

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

かしこい日傘の選び方

夏の紫外線対策の一つとして日傘がありますが、最近では若い女性も日傘を利用している人を多く見かけます。また、日傘の種類も増え、どんな日傘が紫外線カットに効果的なのか迷ってしまうことでしょう。まずは紫外線の性質を知り、ムダなく紫外線をカットしま …