20代女性の美容

大人ニキビ 跡がのこらないよう集中ケア

敏感と並ぶ、春先の肌悩みといえばニキビ。治りにくい、何度も繰り返す、跡が残る……。そんなやっかいな大人ニキビは「不要なものはためない、不必要に触らない」のミニマムケアで賢く解決しましょう。


★環境の変化によるストレスが大人ニキビの要因
思春期のニキビが過剰な皮脂分泌によるのに比べ、大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れやストレスなどさまざま。
春ニキビの原因について「ストレスがニキビの発症にどのようにかかわっているかははっきりしていませんが、臨床的には関係があると感じます。春は出会いや別れの季節。新しい環境に慣れるまでストレスを感じやすく、肌トラブルにつながるのではないでしょうか」治りにくく、同じ場所に繰り返しできるのも大きな悩み。
キレイに治すコツは?
「不要な角質を取り除きつつ、むやみに患部を触らないことですね。毛穴をふさぐ角質肥厚はニキビの大敵。定期的なピーリングを取り入れることで、ニキビができにくく治りやすい肌環境が整います。また、ニキビは芯を出したほうが早く治ると思われていますが、セルフケアでは不可能。ぷっくりと出たニキビをつぶすと確かに皮脂は出ますが、実はそれはほんの一部。ニキビの芯は真皮にあり皮膚科で圧出してもらうのがベストです」
ニキビが思春期特有の肌悩みだったのは過去のこと! 最近は、20歳を過ぎてもニキビで悩んでいる人が、急増中です。もはや、ニキビは大人にとっての大きな肌悩みのひとつ。治ったと思っても、繰り返しできてしまうことが多く、原因をきちんと知って、徹底的にケアすることが大切です。
ニキビは思春期だけのものじゃない! 大人ニキビで悩んでいる人が増えています。
一般的には思春期の肌にできるものを「ニキビ」、20歳を過ぎたら「吹き出物」と呼んでいますが、医学的にはどちらも「尋常性 瘡そう」という疾患として、とらえられています。
しかし、その原因には大きな違いが…。
10代のニキビは過剰に分泌された皮脂が、毛穴をふさいでしまうことが主な原因ですが、いわゆる大人のニキビの原因は、皮脂だけではなく、乾燥やホルモンバランスの乱れなどが大きく関係しています。特に最近は、働く女性で、大人のニキビで悩んでいる人が増えているそう。不規則な生活や、アンバランスな食事、ストレスなどによって、肌の代謝機能やホルモンバランスが乱れがちになります。肌は乾燥が続き、古い角質が肌に残り、毛穴をふさぎ、皮脂が毛穴にたまると、ニキビのもとともいえる、コメドが形成されます。大人のニキビは、治ったと思っても、根本的な原因が解決されない限り、何度も繰り返してしまいがちです。
★痕が残らないようにしっかりケア
ニキビ対策は予防が第一ですが、それでもできてしまったときは、ニキビ用の薬などを用いて、きちんと治し、悪化させないことが大事です。大人のニキビは肌表面だけの問題ではなく、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下が影響。塗り薬だけでなく、サプリメントや飲み薬を用いるのも有効です。ただし、自己判断はせず、悪化したときや迷ったときは、皮膚科や薬剤師さんに相談を。

 - 美肌を保つ ,

  関連記事

毛穴の開きは30歳からが勝負!!

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると急に目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが損なわれていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。 遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が開きやすいという …

年齢乾燥 寝ている間も乾燥対策

乾燥は、肌をカサカサにしたり化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーを乱して抵抗力の低下を招きます。するとニキビやシミ、シワなどいろいろな肌トラブルを引き起こします。

肌がハリを保つ秘訣

■肌のハリが衰える原因 1 年齢による肌の衰え 年齢とともに肌のハリやうるおいを保つ体内のコラーゲンやエラスチンが減少。肌の水分量も大幅に減少しています。

大人ニキビは内面からケア

大人ニキビの原因とは?? 大人ニキビの最大の原因は内面的なものなのです。 肌の悩みで必ず上位に食い込む「大人ニキビ」。お悩みの方も多いと思います。

お肌のくすみ対策

肌のくすみ対策は、水分補給と正しい洗顔! たとえば、ダークなファンデーションをつけると疲れたように見えるとか、アイシャドウがきれいに発色しない、肌につやや輝きが感じられないなど、こんな風に感じたら、肌のくすみが始まったサインです。

目元の小じわにさよなら

小じわ・ちりめんじわの原因その1   小じわやちりめんじわの原因は「紫外線」です。小じわだけでなくシミも紫外線によるダメージが最大の原因なのです。大人女性の肌の悩みのほとんどが紫外線によるダメージからはじまっています。

たるみ顔とさよなら 増顔筋マッサージ

30代後半を過ぎたころから、顔がたるんでくる人がいる一方で、コケてくる人も。悲しいことに、これはどちらも顔が老けて見える要因。 今回は、そんなたるみとコケのカバー&リセット術を伝授します。

キメ肌になろう

肌には溝が無数に走り、その溝を皮溝(ひこう)といいます。その溝に囲まれた部分を皮丘(ひきゅう)といいいます。皮丘は三角形の形をしており、それが一定の形でそろっているほど、キメが細かく整った「シルクのような」美肌になるワケです。

毛穴に悩んでいる人が積極的に摂取したい栄養素は

毛穴は肌を外的刺激から守る為、無数に存在します。 その中でも顔は最も毛穴が多く、部位によっては20万箇所になります。 毛穴は体内の不要な成分を汗と一緒に排出し、体のバランスを保つ重要な役割を果たしいます。 気温が高い夏は、汗を出して体を冷や …

自宅でできる脱毛方法

多くの女性が悩んでいるムダ毛の処理。夏になると肌の露出が増えますが、ムダ毛が気になって肌の露出を控えている人も多いのでは。 最近は脱毛専門店などもよく目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うこと …