20代女性の美容

半身浴は2種類あります!!

半身浴の基本方法は、体温より少し高い温度(37~40度)のぬるいお湯に胸(みぞおちの辺り)よりも下だけ20分以上つかる。
これが基本方法です。


だんだん体の芯から温まってきて、汗が出てきます。熱いお湯に短い時間浸かって時よりも、湯冷めしません。
半身浴には、2通りあって、お湯の温度は37~8度 、お湯の量は、みぞおちあたりまで(心臓より下ね) 時間は20分以上が、低温半身浴といわれ、42度以上のお湯シャワーを活用するのが、高温半身浴の基本的な方法。
美肌の為の半身浴微肌や小顔効果を高めるためなら、断然、高温+低温半身浴がお薦めです。「熱いお湯の大好きな江戸っ子」ですが、その入浴法は健康的ではないのは、周知の事実です。
お肉や魚を焼くとき、「強火の近火」で焼くとすぐに表面だけ焦げてしまって、芯は焼けていないことがあるように、お湯があまり熱いと表面だけ温まって、芯まで温まりません。そればかりか、熱いお湯につかると血圧が急激に上昇します。そしてお湯から上がると、急激に下がります。心臓の悪い方にはかなりの負担ですし、健康な方でも負担がかかるのは変わりません。また、首まで浸かるのも心臓などの器官に負担をかけます。
半身浴をはじめますと、上半身が寒いという意見もありますが、そのときはお湯をかけるか、バスタオルはおるとか20~30秒間肩までつかってください。そのうち確実に体の芯から温まってきます。
★足湯
今では様々な温泉地で足湯の立ち寄り湯があり、マッサージ機能付の家庭用足湯も販売されています。この足湯は心臓から一番遠い足先などの下半身の血液循環を良くするので冷えやむくみの気になる方や体調の良くない日の入浴にオススメです、入り方は42度~44度くらいの熱めのお湯に足をつけるだけ、お湯の量はくるぶしより少し上ぐらいになる所がいいですね。10分~15分で全身が温かくなり汗が出てきます、汗をかくぐらいになったら着替えて足をタオルにくるんで休みましょう。

 - 半身浴・足湯

  関連記事

乾燥による肌の乾燥

■かゆみの原因 冬になると肌の乾燥により手足が痒くてたまらないという人が結構多いのではないでしょうか。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

バスタイムでメリハリボディーを作る

■メリハリボディーになれるゾーンセラピーとは? 足や手、耳などには、内臓や関節などカラダの各器官の状態と深く関係のあるゾーンが数多く点在します。